保険治療と保険適用外の違い

おしりブツブツ薬で治せます!

保険治療と保険適用外の違い

おしりのブツブツ治療に使える方法を幾つか紹介しました。治療には保険適用のもの、適用外のものにわけることができます。治療費と効果についてよく比較した上で利用しましょう。どちらもメリット、デメリットがあるため詳しく紹介します。

 

○ 健康保険適用のメリット
何よりも治療費が安く済むのがメリットです。3割負担なら数百円で利用できる保湿剤もありますから、治療が長引きそうなときにも便利です。1回当たり数千円程度で治療することができます。

 

○ 健康保険適用のデメリット
医薬品を使うため人によっては副作用が強く出てしまうことがあります。塗り薬が主な治療方法となり、皮膚のかぶれやかゆみなどが出る人も。こうなると薬が使えませんから、市販されている保湿剤や病院処方の漢方薬などで治すことになります。敏感肌の方は注意してください。

 

○ 健康保険適用外のメリット
保険適用の治療より一歩進んだ治療が可能です。そのため人によっては通常の治療より早く効果がでやすく、薬剤の副作用がなく利用できることがあります。ピーリングやレーザーなどは肌の代謝を高めてくれるのです。

 

○ 健康保険適用外のデメリット
一番は費用の問題でしょう。1回当たり1万円以上など高額になりやすいです。


ホーム RSS購読 サイトマップ